ついつい見てしまう芸能ニュースとゴシップ

最近のエンタメ、そして芸能界を賑わせているAKB48

ついつい見てしまう芸能ニュースとゴシップ
私はAKB48が大好きです。

ここ2〜3年、AKB48は日本のエンタメ業界を賑わせてきましたが、実は、AKB48が結成されたのは約7年も前のことなのです。

2005年にAKB48の第1回目のオーディションが開催され、当時彼女達はこの先どうなるのかも分からず、不安になりながもレッスンを受けていました。
そして会いに行けるアイドルとして、秋葉原のドンキホーテにAKB48専用の劇場が設置され、第1期生が初の公演を迎えることとなりました。
しかし、初回の公演の客数はたったの7人で、彼女たちの中には誰も見ていない客席に向かって手を振らなければならない子もいました。
今では日本の芸能界で賑わせているAKB48ですが、彼女たちはこういった苦労をしてきて今があるのです。

また、AKB48の中には、一度オーディションに落ちて、再度受けて合格し、今人気メンバーの一人となっている人もいます。
次世代のセンターと言われている渡辺麻友やお天気お姉さんの柏木由紀などもそうである。さらに、篠田真理子は、1期生のオーディションに落ち、一時はAKB48専用劇場のカフェ店員として働いていましたが、ファンの声により、その人気が秋元康の耳まで届き、晴れて1.5期生としてAKB48のメンバーに迎え入れられました。
このようにAKB48のメンバーは可愛くキラキラしているだけでなく、負けず嫌いで根性がある性格だからこそ、今のエンタメ界のポジションになれたのだと思いますし、ファンもそういった頑張っている姿を応援したくなるのだと思います。
これからもAKB48を応援して、たくさん芸能界を輝かせてほしいと思っています。

Copyright (C)2018ついつい見てしまう芸能ニュースとゴシップ.All rights reserved.